SCHOOL GUIDE 2020パンフレット無料進呈中!!

Blog ニュース&トピックス

2021年10月21日

男子高等部は10月18日から第100回全国高等学校サッカー選手権新潟県大会が始まりました。

初戦となった3回戦は、昨年選手権準決勝で負けてしまった会場、長岡ニュータウン運動公園!

対戦相手は2ndチームが県リーグで対戦している産業大附属高校

 

前回大会の悔しさを晴らすべく気合十分でウォーミングアップから声を出してやっていきました!

試合は立ち上がりからボールを動かしながらゴールを狙う開志JSCと守備ラインを低く保ちながら虎視眈々とカウンターのチャンスを狙う産業大附属の構図で試合が進んだ。

前半10分にCKのチャンスからファーに流れたボールを折り返し、そのボールを2年竹内皐樹が決めて幸先の良い先制!

先制後は、再びチャンスを伺いながらボールを動かしていく構図に。

前半34分、右サイドでボールを動かして素早く逆サイドに展開し、クロスから3年松田健吾のヘディングで追加点!

前半のうちに追加点を奪うことが出来たのはチームにとって大きかった。

後半に入り、さらに積極的にゴールを目指すが産業大附属の粘り強い守備で3点目が奪えない。

逆に自分たちのパスミスや連携ミスからカウンターを受けそうなシーンも何回か起きたが、DF陣も集中を切らさず危なげなく防ぐ。

選手交代を行なった矢先の後半30分、右サイドの背後のスペースをタイミング良く使い、サイドの深い位置を突破して相手GKの位置をよく見て中に折り返し3年モーリスケンヤのゴールで3-0に!

試合終了まで得点を狙い攻撃したが、ゴールは奪えず3-0で試合終了。

選手交代も5枚使いながらチームとして戦いました!

 

 

『次の試合情報』

10月23日(土) 4回戦vs長岡高校 @アルビレッジ 10:00kickoff

一戦必勝で戦いますので、応援の程、宜しくお願い致します!!

ページの先頭へ