SCHOOL GUIDE 2023パンフレット無料進呈中!!

Education 強化・育成プログラム「教育連携・学習支援」

教育連携により、高等学校卒業資格を取得

JAPANサッカーカレッジ高等部と同時に、開志学園高等学校にも在籍。
高等学校卒業資格が得られるほか、専修学校「高等課程」卒業資格も取得できます。大学進学や高体連登録も可能となります。

JAPANサッカーカレッジ高等部

第一期生からプロ輩出。
公務員、大学進学、JAPANサッカーカレッジ進学など確かな進路実績!

学校理念

サッカーという素晴らしいスポーツを通した「人間力」の育成

進学の精神

サッカーというスポーツを通し、日本のサッカー界・スポーツ界の発展と国際社会・地域社会の発展に寄与する人材を育成する。

例)2年次時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri
  8:50〜9:00 SHR SHR SHR SHR SHR
1限 9:00〜9:50 国語 TR
(サッカー実技)
9:00~11:00
TR
(サッカー実技)
9:00~11:00
国語 TR
(サッカー実技)
9:00~11:00
2限 10:00〜10:50 数学 数学
3限 11:00〜11:50 英語     英語  
昼食・昼休み
4限 13:00〜13:50 英語 数学 キャリアパスウェイ
プログラムⅡ
英語 リベラルアーツ
5限 14:00〜14:50 数学 キャリアテクニカル PC/作文指導
6限 15:00〜15:50 国語 社会 TR
(サッカー実技)
男子は15:00~17:00
女子は17:00~19:00
サッカー職業論 TR
(サッカー実技)
男子は15:00~17:00
女子は17:00~19:00
7限 16:00〜16:50 個別授業 TR
16:00~18:00
8限 17:00〜17:50 TR
(サッカー実技)
男子は17:00~19:00
女子は19:00~21:00
9限 18:00〜18:50
19:30〜20:20

※大会、遠征、合宿、および開志学園高等学校のスクーリング等により、時間割が一部変更になる場合があります。 ※カリキュラム・タイムテーブルは一部変更になる場合があります。

学校法人大彦学園 開志学園高等学校

生徒が持っている個性を最大限に伸ばしてあげたい。

教育方針

  1. 自己の個性を磨き、真理のもとで自己実現できる人間の育成
  2. 変化に対し前向きに対応できる人間の育成
  3. 相手の個性、人格を尊重し、協力し合える人間の育成
  4. 明るく自由な学園生活および社会の形成者たる人間の育成

教育理念

個性の力は無限大

開志学園高等学校への年間教育スケジュール(スクーリング※)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
スクーリング ① ② ③ ④ ⑤ ⑥   ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭  

※スクーリングとは通信制の高等学校に通うことです。JAPANサッカーカレッジ高等部では、開志学園高等学校へ登校することを指します。 ※○印は開志学園高等学校へ登校となります。スケジュールは変更になる可能性もあります。

本校は、「個性の力は無限大」を教育理念として、一人一人の生徒に応じた教育を、基本方針の核に据えております。

具体的には、一人一人の生徒の可能性を信じ、生徒の個性の発揮と能力の開発に取り組んでおります。「今まではどのような状況であろうと、だれでもより良く成長できる、より良く変われる」という生徒観、人間観の基で教育活動を進めております。たとえ、過去がどんな状況であろうと、人は必ず前進できます。本校は、そのための役割を果たしていきます。

人の成長には苦難が伴いますが、その苦難を通して、生徒の人間的な成長を促しております。
生徒と共に歩んでいく学園であります。

開志学園高等学校校長  神田 正俊

「自分の選択によって自分を探究していく『戦略的学習力』」を身に付ける。
2022 新学習指導要領の理念に基づき「探究」を中心にした3年間の系統的なカリキュラムを編成

JAPANサッカーカレッジ高等部学びのグランドデザイン
サッカーという素晴らしいスポーツを通した「人間力」の育成

自分のキャリアを掘り下げていく
「探究」を中核にしたカリキュラム編成

基礎・基本の確実な定着に向けた
ICTを活用した個別最適な学び

インターネット学習支援サービスを活用し、効果的な学びをサポート

小・中学校の学び直しから大学受験対策まで、「将来の自分」にとって「今必要な学び」を自分で選び、自分のペースで確実に身に付けていきます。

学びに向かう力をさらに伸ばす
専門的なアセスメントとサポート

主体的な意欲に応じた、予備校連携による学びの機会

難関大学を目指したい、日常の授業の予習・復習をしたい…
放課後・夜間に、IT授業の受講が可能です。

※希望制。別途、受講料が必要です。

そのほかの強化・育成プログラム